J1第23節ベストイレブン発表! ヴィッセル神戸からは初先発でアシストを記録した長澤駿選手が選出!!

長澤選手の試合後のコメントにもありましたが、シュートが一本もなかったのはFWとして悔しかったと思います。

ですが、前線からの守備やポストプレーに関しては合流してすぐの試合にも関わらず、非常に良かったのではないでしょうか?

前線の放出が続き、「ウェリントン選手の控えに」なんて声もありましたが、フィットすればレギュラー獲得やシーズン終了後には買い取りもありえるかもしれませんね!

いずれにしてもヴィッセル神戸のために頑張ってほしいです!

紹介しているのは記事の一部ですので、全文は引用元のフットボールチャンネルをご参照ください。

フットボールチャンネル編集部では、8月19日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節のベストイレブンを選出した。

 サンフレッチェ広島との首位攻防戦を制した川崎フロンターレからはPKを含む2ゴールを沈め、エースとしての役割を果たした小林悠。序盤は不安定なプレーも多かったが、時間が経つにつれ安定感を取り戻し、広島攻撃陣を最少失点に抑えた谷口彰悟の2名を選出している。

また、先制される難しい試合となっても冷静さを失わず攻撃的なサッカーを完遂した鬼木達監督を今節の最優秀監督とした。

(中略)

 湘南ベルマーレを2-0で下したヴィッセル神戸からは移籍後初先発を飾り、随所で強さを発揮した長沢駿を選出。シュートチャンスこそ多くはなかったが、先制ゴールをアシストし、前線で何度も起点となるなどチームの攻撃陣を活性化させた。

続き:フットボールチャンネル

みんなで議論しよう!

avatar
500
  更新通知の登録  
更新通知を受け取る ≫