G大阪よりヴィッセル神戸に期限付き移籍した長澤 駿選手「相当の覚悟を持って決断した」

レンタル移籍でヴィッセル神戸に来た長澤駿選手。気持ちを切り替えてヴィッセル神戸に全力を注いでほしいですね!

前線はウェリントン選手が現在はファーストチョイスですが、その座を奪うようなプレーを見せてほしいです!

紹介しているのは記事の一部ですので、全文は引用元の日刊スポーツをご参照ください。

ガンバ大阪からヴィッセル神戸に期限付き移籍するFW長沢駿(29)が13日、大阪・吹田市内でチームメートに最後のあいさつをした。この日、移籍が発表され「急だったので、やっと整理ができた。最後、みんなの前で話す時は寂しさもあって泣きそうになったので、途中で切り上げた」と明かした。

(中略)

 今年30歳になる長沢にとって新天地は「新たな挑戦」だという。G大阪へ移籍した時も序盤はチームにとけ込むまで時間がかかり苦労した。「だからこそ相当の覚悟を持って決断した」と、力強く話した。

 神戸には元スペイン代表MFイニエスタ、元ドイツ代表FWポドルスキら世界クラスが在籍する。「そういう選手と同じチームでできる選手は数少ない。自分のサッカー人生では財産でしかない。もみくちゃにされながらも、はい上がっていきたい」。G大阪への感謝を何度も口にして、192センチのFWはクラブハウスを後にした。

引用元:日刊スポーツ


一緒にLINE掲示板で楽しみましょう!

他サポの荒らし・煽りがなく、ヴィッセルが本当に好きな人達ばかりが集まる完全匿名で参加できるLINE掲示板をリリースしました。ヴィッセルサポのみなさん、一緒に楽しみましょう!

\現在の参加者は500名以上です/

更新通知の登録
更新通知を受け取る ≫
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments