古橋選手「岐阜の誇りとして、自分の良さを出して活躍すれば、岐阜の評価が上がるのかなと」

移籍後の岐阜FCサポーターのSNSを見ても非常に愛されている選手とわかる古橋選手。

FC東京戦でも得点を感じさせる動きを見せていました。

岐阜サポーターからすると「体が重そうだった」とコンデションはまだトップではないとのことなので、連携も含めて高めていってほしいですね!

初めてのJ1の舞台で飛躍してほしいです!

紹介しているのは記事の一部ですので、全文は引用元のゲキサカをご参照ください。

今夏、FC岐阜からヴィッセル神戸に電撃移籍したFW古橋亨梧が、5日のFC東京戦で途中出場してデビューを飾った。

与えられた出番は後半45分間。切れ味鋭いドリブルから何度もシュートチャンスを作るなど、持ち味を存分に発揮した。

 チームが0-1で敗れたことで素直に喜ぶことはしなかったが、「シュートに持って行けたのは良さが出せた」と自身のプレーについては胸をなでおろす。「(J1は)攻守の質、球際だったりがは全然違った。

でもその舞台で自分の良さが出せたのは今後に繋がるのかなと思います」と手ごたえを語った。

(中略)

 そんな古橋に目を付けたのが、MFアンドレス・イニエスタの獲得で話題をさらうJ1神戸だった。

「正直すごく悩んで、岐阜も調子が良くない中でこうやって声をかけてもらえた。正直迷いましたけど、挑戦したいという気持ちがあって、それを強化の人たちと話し合って決めました」。

8月1日、古橋の神戸電撃移籍が発表になった。

 もちろん一人では決めることが出来ず、周囲の人たちにも相談した。

ただ、「チャンスをもらったんなら行ってこいという声が多かった」という。「岐阜にはスタートさせてもらった感謝の気持ちはありますし、何も残せなかったので後悔はあります。だけど岐阜からJ1のチームに来ることができたので、岐阜の誇りとして、自分の良さを出して活躍すれば、岐阜の評価が上がるのかなと思います。もっともっと自分の良さを出していければいいなと思います」。

続き:ゲキサカ

みんなで議論しよう!

avatar
500
  更新通知の登録  
更新通知を受け取る ≫