【三浦SD】イニエスタにはインサイドハーフでゲームをコントロールして欲しい

三浦SDがイニエスタのポジションや今後の展望について言及しています。

紹介しているのは記事の一部ですので、全文は引用元の神戸新聞NEXTをご参照ください。

J1神戸は前半戦を6位で終え、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のため中断期間に入っている。パスサッカーへの転換を主導する三浦淳寛スポーツダイレクターは「順調」と総括。W杯に出場し、今夏に合流するスペイン代表MFイニエスタへの期待も含め、今後の展望などを聞いた。(有島弘記)

■前半戦 4-3-3の戦術確率順調

 -W杯の中断期間までにシーズンのほぼ半分の15試合を終えた。

 「順調に来ている。今までの堅守速攻から、よりボールを支配したサッカーをするには頭の中を変える必要があった。監督、コーチを含め、選手の意識が非常に高い」

 「中盤までビルドアップし、判断良くボールを動かしながら相手の隙を突く回数が少しずつ増えている。逆にボールを奪った時は相手の背後、ゴールを目指すのが最優先。そこの判断もできるようになってきた。アタッキングサード(相手ゴールまでの3分の1のエリア)の崩しに手を付ける段階に入った」

 -そのために必要なことは。

 「人と人の連係、個の技術。仕掛ける動きで相手の守備のバランスを崩し、隙を突いていく。当然、シュートの技術を上げる必要もある。やることは山ほどある」

 「勝ち試合はいくつかあった。例えば浦和戦(2-3で敗戦)。今のスタイルを続けながら、勝負所を選手がもう少し理解できれば、勝ち点3を拾っていける」

 -今季は韓国代表ボランチの鄭又栄(チョン・ウヨン)をセンターバック(CB)で起用。

 「後ろからボールを配球でき、体が強く1対1にも強い。GKの金承奎(キム・スンギュ)との連係も考えれば、彼のCBはチームにとってすごく大きい」

 -中断期間の前には渡辺、ウェリントンの2トップが活躍した。

 「今はスタイルを確立している段階で、基本形は4-3-3。僕がいる限り、スタイルはぶれない。(別の陣形は)対戦相手や、けが人の関係で臨機応変にやっていけばいい」

 -今季はポドルスキが主将を務めている。

 「負傷離脱したが、チームがスタイルを変える中、彼のキャプテンシーの影響力はすごく大きい。話すタイミングも意識している」

 -監督とは日々どう接しているのか。

 「常にコミュニケーションを取っている。もちろん監督以外とも。そこを磨いていれば、お互いに感じたことをすり合わせることができる。バラバラは、うちのクラブスローガンの一致団結に反する」

 「三木谷(浩史)会長は『とにかく明るく』と言ってくれる。このクラブは会長の力が大きい。僕を含めて上手に管理され、みんなが『会長のために絶対アジアを取ろう』という気持ちになっている」

■イニエスタ チーム力向上へ司令塔役を期待

 -この夏にはイニエスタが合流する。評価は。 「僕なんかが評価する立場ではない。バルセロナのカンテラ出身の最高傑作で、世界でも最高のミッドフィルダーの一人。クラブには世界(W杯)を取ったルーカス(ポドルスキ)とイニエスタがいて、日本人も優秀。タイ代表、韓国代表もいてアカデミー出身の若手も頑張っている。楽しみで仕方がない」

 -イニエスタ獲得の効果は。

 「チーム力は間違いなく上がり、日本サッカー自体がレベルアップする。Jリーグの価値も絶対に上がる。一つの基準がACL(アジア・チャンピオンズリーグ)。Jリーグがアジアの中でナンバーワンのリーグでなければいけない」

続き:神戸新聞NEXT

みんなで議論しよう!

avatar
500
  更新通知の登録  
更新通知を受け取る ≫